ENTRY
Kanami Fukudo

福土 佳奈美

ライフビューティー事業部2020年入社 「the SAEM」事業

難題を乗り越えた先にある達成感が私の原動力です。

「化粧品に携わりたい」という思いがあり、ヘアメイクの専門学校を卒業してから、アルバイトに応募しました。その後、現場で経験を積みながら、契約社員、正社員と徐々にステップアップ。今は、「the SAEM(ザセム)」という韓国コスメのブランドで、通関業務を担当しています。

アルバイトから社員になり、より責任ある仕事の担当に。

もともと韓国コスメに興味があったこともあり、通っていたヘアメイクの専門学校を卒業してからアルバイトとして「the SAEM」のお店で働きはじめました。それから、しばらくして契約社員になり、その後2019年に正社員になりました。

アルバイトの時はお店の販促用POPを作成したり、在庫管理をしたり、清掃や接客などをしていましたが、社員になってからは通関業務を担当することになりました。具体的な内容としては、これから販売していきたい商品や人気で在庫がなくなっている商品の連絡を店舗から受け、韓国に発注依頼をかけて、韓国から届いた書類を通関できるように編集を行い、時には商品のライセンスを取ったり、成分ラベルを作成したりするなど責任のある仕事を担当させていただいてます。

はじめの頃は韓国語に苦戦するより、書類編集などに使うExcelに苦戦しました。なにせ店舗業務の時はほとんど使ったことがなかったので。韓国語は調べるとすぐわかりますがExcelは私にとって難しいです。(笑)ですが私の前任で通関業務を担当していた方がしっかり引き継いでくださったので、なんとか時間をかけて乗り越えることができました。

好きなコスメブランドの認知度が、広がっていくのがうれしい。

通関は通るまでに厳しい審査があるので、毎回ハラハラしています。それが通るか通らないかで、届く日程が左右されてしまうので。だからこそ無事に通った時には達成感を得ることができます。

通関業務もお客様に届けるための大事な役割ですが、私はもっともっと「the SAEM」の認知度を上げていきたいと思っています。以前にイメージモデルとして韓国で有名なアイドルグループを起用して、コラボキャンペーンをしたことがあり、購入していただいた方にトレーディングカードをプレゼントするという企画をやりました。あの時もかなり準備が大変でしたが、その分より多くの方に知っていただくことができたので達成感がありました。

最近は新店のオープンを控えていて、そのための準備に追われていますが、自分の好きなコスメをどんどん知ってもらえることはなによりのやりがいかもしれません。

優しい人の多さが、働きやすい環境をつくる。

小浦石油の好きなところは、まわりの人たちが優しいことです。社員になったばかりなので、まだまだ分からないことも多いのですが、みなさん聞くと丁寧に教えてくれるのでとても助かっています。今思えば、それはアルバイトとして働きはじめた頃からずっとそうでした。

そもそも私が正社員として働きたいと思うようになったのは、じつは今の店長の影響なんです。その方が一緒に働く中ですごく優しくしてくださったので、「私もこういう人になりたい」と思い、正社員を志すようになりました。

私のようにアルバイトから正社員になる方も多いですし、店舗を経験した上で、輸入関係の事務的なことなど、幅広く学ぶことができるというのはこの会社の魅力だと思います。それに私は面接が苦手な方なので、現場からのステップアップでよかったなぁと感じています(笑)。

一般的な1日の流れ

9:00

出社

9:30

メールチェック

10:00

社長とのミーティングスケジュール調整

11:00

発注リストの作成

14:00

商品の発注依頼

16:00

企画用の化粧品選定

18:00

退社